さわやかでげんこつハンバーグ以外のメニューを頼むため、オープンカーに乗り込む

少し前、なかもらくんと御殿場に遊びにいくことにしました。目的は、さわやかのハンバーグとプレミアムアウトレットに行くこと。

大学生みたいなことしようぜ! と思って企画したんですが、なかもらくんが車を出してくれるとのこと。

待ちましょう。

なかもら到着
来ました。

Z4
これ、なかもらご自慢の車です。BMWのZ4というやつで、結構お高い。

こう書くとね、我々がすごい儲けているように見えるかみしれませんが、そうでもないんですよ。
参考までに、なかもらの趣味は貯金です。

声をかける
「おい、開けろよ。小僧」と声をかけると…

窓
開口一番「壊すなよ」と一言。実は、これまでなかもらくんの車に2回搭乗し、1度目は車内のパーツを破壊。2度目はエアロパーツを破壊、と2度のアクシデントを引き起こしています。

なからもくんの車には、2回しか乗ったことがないんですが…。

のじ 壊さないよ。大丈夫大丈夫。これさ、オープンカーになるんだっけ?

なかもら なるよ。

のじ じゃあ、よろしく。

なかもら めんどくさいな〜。

オープンカー1
と、言いつつオープンにしてくれる。こいつこういうところだけ気がいいんだよな。げへへ、いい食い物だぜ。

オープンカー2
これが、

オープンカー3
こうなって、

オープンカー4
このような感じになり、

オープンカー5
こうして、

オープンカー6
こうなりました。

ご覧ください。彼の満足そうな顔を。かっこつけおってからに。

出発
さあ、出発です。

御殿場に向かう

なかもら
やたらと目立つ赤いシートになんだかソワソワします。

のじ 今日はよろしく頼むぞ。

なかもら ええ、まあ、遠くに行くのは久しぶりなんでね。

と、話すなかもらの運転は、なぜかエンジン音が大きい。

シフトレバー
見るとオートマ車でマニュアルにして運転していました。

エンジンの回転数合ってねーよ!! 大丈夫かよ!!

ドライブレコーダー
ドライブレコーダーは後ろにつけるタイプ。

なんか、なかもらの車にしちゃかっこいいな。

オープンカーからの景色
そして、オープンカーには初めて乗りましたが、意外にも風を感じない。

空力の効いた設計だから、なのかな。

もっとスタンドバイミーのキーファーサザーランドみたいになるかと思ったのに。

走行中
走行感すげえな、とか、大騒ぎしながら…

さわやか御殿場インター店
さわやか御殿場インター店到着。

今回のメインイベントの1つですよ。さわやかとは、言わずと知れた静岡の大人気ご当地ハンバーグチェーン。

行列必至ながら、地元客、観光客問わず足繁く通う名店。

受付
さっそく受付。この日も大変賑わっており、2時間30分ほど待つ、とのこと。

しかし、さわやかにおいては日常茶飯事なのであまり気にならない。

この受付券。WEBから前に何組待っているか分かるシステム。

前はこんなのなかった…。便利…。

お店の入り口近辺にソファーなどもあるんですが、なにぶん2時間30分待っている人間分のスペースはないので、温泉にでも行って暇をもてあましましょう。

富士八景の湯
御殿場はいい温泉がちらほらあります。なかなかにいいロケーションの風呂屋もある。今回は富士八景の湯に。

風呂に行くなかもら
おーい、行くぞ小僧。

湯船などは画像に残せないのですが、天気のいい日は富士山を見ながら入浴できるという絶景ポイント。

今回は曇りなので見えませんでした…。

湯上がり
そして湯上がり。

僕は長風呂なので1時間は入浴していたはずなのに、なかもらはまったくもって姿が変わらない。

どうなってんの、この人の血流。

順番
中庭のようになっている休憩所が、涼やかな風が吹いていて居心地がよく、気づけば時間がせまる。

さあ、行こう。

自衛隊グッズ
富士八景の湯のエントランス付近にはこんなコーナーも。

御殿場は自衛隊の演習場があることでも有名。実は、前に見にいったこともある。戦車とか迫撃砲が目の前でぶっ放される様は、圧倒、という言葉がよく似合う。

次ページからようやくさわやかで食事!

炭焼き
さて、さわやか店内にて順番が呼ばれるまで15分ほど入り口のソファーに座り、入店。

この時点でお腹はぺっこぺこだ。

注文するなかもら
注文して待つ間、なぜか暗殺者を気にするようなそぶりをするなかもら。なぜ、なぜそんな警戒している!

なかもら これは真顔だよ。

げんこつハンバークサーブ
げんこつハンバーグきた!

切り分けてくれる店員
店員さんが切り分けてくれる。

げんこつハンバーグ完成
こちらがげんこつハンバーグの完成形。ほぼ全員が頼むというオニオンソースver.。

いやあ、これはうまそうだ。とくに香りが、肉の焼ける匂いに醤油ベースのソースがこげる匂い、そしてこの2つが入り交じり鼻孔を刺激する。

一番人気のメニューというのは伊達じゃないぜ。

胃がきゅーっとなる。口に入れた瞬間の食感を思い出す。たまらん。

げんこつハンバーグ意外のメニューを頼む

さわやかに入店した人間は、ほとんどがげんこつハンバーグを頼むだろう。しかし、僕は知っている。

別メニューもおいしいことを。

炭焼きバーガー
さあ、まずはこちら。炭焼きチーズバーガー

げんこつハンバーグを少し小さくしたものをハンバーガーにしている。

焼き野菜カレー
2品目。炭焼きカレー。ちょっとチーズが入ったカレー。

ちょっとブレたのは、あまりにもお腹が減っているのに、撮影のため食べられないから。手に震えが…。

さわやかステーキ
そして一番のオススメ。さわやかステーキ。これが大好きで。

げんこつハンバーグももちろん好きなんだけど、より肉々しい食感に、より炭の香りと肉の香りが強い。肉を食らう感がいい。

もっと頼もうとしたところ、さわやかは一品の量が多くて…。ユーチューバーみたいに残したくないので、今回はこんなところで。

げんこつハンバーグ試食
まずはげんこつハンバーグを食べる。これこれ。中が半生なところ。

この部分が、火のとおったぎっしりとした食感になったところと、中央の半生でとろけるような味わいとなったところの2種のハーモニーを効かせて抜群にうまい。

この部分が肉の味わいを高めている。

なかもら あー、おいしいわ。

と、感動の薄く見えるなかもらですが、誰にうながされることもなくおいしい、と言うのはマレなこと。

炭焼きバーガー
続いて炭焼きチーズバーガーをいただきます。見えにくいですが、こちらも中が半生であることを確認しました。

いただきます
いただきまーす。

炭焼きバーガー実食
これはげんこつハンバーグほど厚くなく、また生っぽさは少なめなのが正解だな。

ハンバーグのみをがっつくのと違い、バンズやレタスなどと一緒に食べるため、あまり厚みのないほうがバーガーとしての一体感を感じる。

なんて、空腹というスパイスが効きすぎて深読みしすぎかしら…。

まあ、とにかくうまい。

バーガーチェーンのものよりも断然お肉を使った一品という印象が強い。

炭焼きステーキ2
そして、このステーキがまた。ハンバーグで半生で食べられるくらいのものを、ミンチにせずに豪快に切り分けてほおばる。

噛むほどに出る、ハンバーグとは違う、かみ応えと肉汁。うまみ。

ステーキって、元気になるな。白飯も止まらん。
カレー実食
炭焼きカレーは、カレーって感じ。ほかのなにものでもなく、日本のカレー。

でも、ハンバーグやステーキ、バーガーなどの肉々しさのなかではちょっとしたアクセントになる。

うん、抜群にうまいという訳ではないけれども、次もきっと頼むだろう。

さあ、そろそろ食べ終わったし帰るか、と思ったものの、ちょっと甘味を…。

かき氷
かき氷。店内を見回してもほかに頼んでいる人がいない。

小声で注文する。なにこの罪悪感…。

かき氷
静岡紅ほっぺかき氷

紅ほっぺ
これ、めちゃくちゃおいしい。

紅ほっぺは煮詰めすぎていないジャムのように、トロッとしていながらほのかな酸味。そして甘み。

買って帰りたい。いやーおいしかった。そしてお腹がいっぱいです。

さわやかでこんなにたくさん注文する人もなかなかいないでしょうが、たまにげんこつハンバーグ以外も…。

って、あんなに並ぶと冒険するのは怖いかも。

複数人でうかがったときにいろいろ注文するのがいいかもしれませんね。

さて、御殿場アウトレット編はまた後日。

さわやか、うまいぜ!



ABOUTこの記事をかいた人

のじ さとし

企画、ライティング、撮影、サイトの保守管理をひとりぼっちでこなす編集長。仕事だけではなく、私生活もひとりぼっちです。最近言われた怖い言葉は“天涯孤独の最後”です。