清里に行く途中に、山梨でほうとうを食べる

日帰り旅行、お好きですか?

僕は、好きです。そして、ひともじは日帰り旅行を愛しています。

車の中
じゃ、行きましょう。

なかもら
どこ行くのかって? 我らがひともじのライター、なかもらの仏頂面をご覧いただいたら分かる通り…

清里のなかもら
清里です。

Mr.I
変態仮…、じゃない、モザイク仮面こと、ひともじ工作担当Mr.Iが、ある日突然「清里行くぜ」と提言したことにより、珍しく3人で日帰り旅行に行くことになりました。

いやー、3人でどっか行くかなんて何年かぶりじゃないかしら。

山梨へ向かう

 

山梨へ向かう
さて、Mr.Iの車で山梨へ出発。神奈川県は小田原市スタートなので、ここから3時間ほどのドライブ。

河口湖
僕の小粋なトークにより時間を苦にすることなく河口湖までやってきました。

なかもらとMr.Iは、「さっきから下ネタしか聞いてねえよ」とぼやいています。あれ、もしかしてラジオでも聞いてた?

湖面
こういう淡水のかもしだす湿気、きらいじゃないなー。

答えるなかもら
のじ そういやさ、なかもら清里とか行ったことあんの?

なかもら いや、山梨には行ったことありますがね、残念ながら清里はありませんよ。

のじ あ、そう。

答えるMr.I
のじ Mr.Iは?

Mr.I 何度もあるよ。

のじ あ、そう。ふ〜ん。

なんだろう、めちゃくちゃテンション高いの僕だけのような…。なんと言うか、2人とも大人になった?

そう、私たちは全員同級生。Mr.Iは32歳。僕となかもらは31歳。
いつのまにか、大人になって、おとなしくなっていた。読んで字の如く、大人しく。

 

湖のほとり
湖のほとりを行きます。

このあたりでお腹のぺっこり具合がMAXに近くなってきたので、お腹が空いたと騒ぎます。

ほうとう屋に向かう
やーやー言っているとMr.Iがオススメのほうとう屋さんに連れて行ってくれるそう。

なんでも言うこと聞いてくれるまで騒げばいいんですよ。昔からそう。

険しい道
これ、対面交通の道路なんですよねー。すごい怖い。

標高
標高、高くなってきましたね。

カーナビ
なんか、周囲に何もない。

到着
などと話しいたら到着。

路駐が基本のスタイルらしい。続々と停まっていく車。

山間に見える河口湖
ここからは、山間を通して河口湖が見える。

なかもら ビキニだ。

のじ え?

なかもら ビキニの、下。

Mr.I うん、ビキニだ。

のじ 本当だ、あれは、ビキニだ。下の方、なんか出ているように見えちゃっているけど。

入店

入店
ここは天下茶屋というお店。昭和9年創業だとか。年季の入った建物だ。

縁側席
縁側寄りの席を確保。

笑うなかもら
なかもらも楽しそう。ときおり「ビキニの下」とつぶやいては、僕たちを笑わせにきます。

水
カラリと乾いた天気だからか、旅情がそう誘うのか、水がおいしい。もしくは標高が高いからわき水?

店員さんに聞いてみようかと思ったんですが、縁側の風通しがよくて、途中でなにもかもどうでもよくなりました。

うまけりゃ水道水だっていいや。

いもだんご
そうこうしているうちに、いもだんご。

いもだんごを食べる
ジャガバターのお団子版。

箸をいれる
ぱかっとわって…

バターをつける
バターをつけて食べる。

素朴な味わいでおいしい。奇をてらってないところがいいね。

ほうとうを食べる

ほうとう
天下茶屋の名物は、ほうとう。

僕たちも、もちろん注文。

出汁
味噌仕立てだけど、味噌汁ではないところが、おいしいほうとうの特徴だよな−。

麺
幅広で、煮こんでもだらけないこの麺。ズビズバすすって噛むと小麦のおいしさが広がる。よく噛む。

うどんとはちがうこの味わい。好きだな。

麺類も汁も、やっぱり水がいいのか、おいしい。

かぼちゃ
かぼちゃが少し崩れて汁に溶けているのもグッド! ほうとうはこうでなきゃ!

七味をかける
七味の香りと風味も合う。

完食
完食。ひとつの鍋で煮ているけれど、けっしてごった煮ではなく、それぞれの素材の味を感じる。

味噌鍋、ではなく、ほうとう ここが味噌。味噌仕立てだけに。

う〜ん、満足。

ほうとうを食べるなかもら
なかもらも食べる。

ほうとうを食べるMr.I
Mr.Iも食べる。

先に食べ終わったので、暇になり、2人が食べるのを邪魔しようとしたんですが。

いなされて終わりました。

知らないうちに大人になりやがって…。

汁をすするなかもら
のじ ビキニの下。

と言うとなかもらだけ笑っていました。吹き出す数秒前。

天下茶屋の外観
なかなかに時代のついた建物。連休の中日ということもあり、お客さんがひっきりなし。

建物の2階
建物の2階は太宰治記念館になっていました。

実を言えば僕は太宰ファン。太宰のことが好きで三鷹に住んでいたくらいですから。

太宰の使用した机
なにやら、太宰が天下茶屋に逗留し、執筆をおこなったとかなんとか。

けっこうちゃんとした記念館です。お立寄りの際はどうぞ。まあ、この日は僕たち以外に記念館に訪れる人は見かけませんでしたが。

太宰の真似をするのじ
いちおう文机に座ってみる。なんと様にならないんだ…。

そしてこちらを意に介さず、奥で展示をながめるなかもら。まとまりのないパーティーである。

周囲
天下茶屋の周囲は、山の山腹らしく緑が豊富。深呼吸するとちょっと気持ちが良い。

さて、腹ごしらえも済んだことだし、先にすすみましょう。

トンネル
次回はこの、いかにもなトンネルを抜けて進みます。



ABOUTこの記事をかいた人

のじ さとし

企画、ライティング、撮影、サイトの保守管理をひとりぼっちでこなす編集長。仕事だけではなく、私生活もひとりぼっちです。最近言われた怖い言葉は“天涯孤独の最後”です。