思いつきで、熊本港からオーシャンアローで島原へ行ってゆとろぎの湯でひとっ風呂

熊本観光を続ける人と文字ご一行。

熊本港
とくに予定もないので、とりあえず熊本港まで行って有明海でも見るか、とバスへ。

熊本港
漁港かと思ったらフェリー港だったことが発覚。

熊本港
フェリーは2社出ているようで、もうすぐ一便出発するとのこと。

同行のライターなかもらに、

のじ なんか島原行くフェリーあるけど、乗る?

と相談すると、

なかもら じゃあ、せっかくだから乗りましょうかね。

なんて言うので、軽いノリで乗船。

立木文彦
のじ あれに乗るらしいぜ。

なかもら ああ、キレイですね。

のじ 船乗るの2年ぶりだ。

なかもら そうですか。

なんて、ゆるい会話。

熊本 フェリー
船内はけっこうキレイ。

熊本 フェリー
いろんな席があります。自由席のみなので早いもん勝ち。

熊本 フェリー
2階席もあります。

熊本 フェリー
こちらはソファーのボックス席がほとんどで、家族連れの人がとてつもない勢いで席を埋めていきます。

孤独な独身おっさん2名は、いてはいけないような雰囲気で、なかもらと2人で1階席へ移動。

熊本 フェリー
後部のデッキに出てみます。出港−。

熊本 フェリー
優雅さの中に実用性を感じる光景。

熊本 フェリー
いったんさようなら。熊本。

熊本 フェリー
のじ おう、どうだ。

なかもら 風が強いですねえ。

のじ あ、そう。

と、感動のうすいなかもら。こういう奴です。

熊本 フェリー
有明海を行く。海苔、食べたい。

熊本 フェリー
船内のバーカウンターはかなり混んでいました。並んで購入。

オーシャンブルーソーダ。目にさわやかすぎる青。

熊本 フェリー オーシャンブルー
ソーダ、ソフトクリームの上にパチパチパンチとラムネがのっている。

熊本 フェリー オーシャンアロー
なんかおいしい。

熊本 フェリー オーシャンアロー
海を見ながら食べるのはいいな〜。波に揺られながら、なんだかいい気分。

熊本 フェリー オーシャンアロー
なんてやっていたら島原到着。

熊本 フェリー オーシャンアロー
山がいい感じだねえ。

熊本 フェリー オーシャンアロー
島原港。

熊本 フェリー オーシャンアロー
さて、次のフェリーまで数時間。

なにせ思いつきで来ましたのでどこに行くかも決まっていません。というか分かりません。

島原って言えば、温泉が湧いていたな、と、とりあえずタクシーに乗り、運転手さんにオススメスポットを聞く。

「景色いいとかないけれど、地元の人間も行く日帰り温泉ならいいとこあっよ」

との一言でそちらに。そういう場所、待ってたぜ!

ゆとろぎの湯
到着。駐車場の奥にあるのが本日の温泉「ゆとろぎの湯」。

ゆとろぎの湯
道路挟んだところに温泉が湧いていた。

ゆとろぎの湯
これ、飲める温泉。

ゆとろぎの湯
ほのあたたかくて、少しまろやか。滋味があるなあ。

ゆとろぎの湯
2箇所あった。

ゆとろぎの湯
こちらもまた滋味があるなあ。

なかもら おなじじゃないの?

おんなじかな?

ゆとろぎの湯
そしてゆとろぎの湯へ。

なにぶん温泉場を画像におさめることなどできませんので、僕のつたないイラストでご紹介しましょう。

ゆとろぎの湯
さて、浴場はこんな感じ。

入って左側に洗い場、右奥に大浴場が。こちらは熱めですが、草津基準の熱めほどではなく、あくまで常識的。

その手前のぬるめの湯は4,50分でも入っていられそうなほどぬるめで心地いい。

薬湯は変わり湯だそうです。

あとは水風呂とサウナ。

露天なんかはないんですが、ずいぶん効能を感じる湯を楽しめました。

入浴しているのは、ほとんど地元の方で、観光感のない雰囲気が抜群にいい。

島原の温泉はまろみがあっていいなあ。

ゆとろぎの湯
島原は火山が近いのでいたるところに温泉が湧いているそう。

ゆとろぎの湯
半島の中でエリアが、

ゆとろぎの湯
いくつか、

ゆとろぎの湯
分かれて、

ゆとろぎの湯
います。

ゆとろぎの湯
いいお湯でした。

すぐとなりには商店街があって、アーケードに直結しています。

ゆとろぎの湯
ぷらぷら歩いて、


猫に案内されながら、

ゆとろぎの湯
島原土産を購入して、

ゆとろぎの湯
熊本へ帰ります。

滞在時間3時間少し。それにしては楽しめました。

熊本から島原へフェリーに乗って、温泉に入る。

いいコースかもしれませんよ。

ゆとろぎの湯
ばいばい、島原。



ABOUTこの記事をかいた人

のじ さとし

企画、ライティング、撮影、サイトの保守管理をひとりぼっちでこなす編集長。仕事だけではなく、私生活もひとりぼっちです。最近言われた怖い言葉は“天涯孤独の最後”です。