肉食堂よかよかで、あか牛を食べる

熊本の田崎市場にきたものの、連休であまりお店が開いていない。

ぷらぷらしていたら、少し待つとあか牛(あかうし)のお店が開くとの情報を発見。

あか牛というのは、熊本の阿蘇で育てられる牛で、高知系という四国地方の牛もいるらしい。

肉は脂肪ばかりでやわいお肉ではなく、しっかりした食感に噛むほど旨みが強くなる、と聞いたことが。

しかし市場はほとんど開いていないので、時間をつぶす場所がなかなか見当たらない。

肉食堂よかよか
とりあえず、コンビニの前でチューハイ飲みながら待つことにします。

肉食堂よかよか
所属ライターのなかもらくんと。タバコを吸いながら。

時刻は午前中。令和とは思えぬ時間のつぶしかた。

肉食堂よかよか
げはげは笑っていたら開店。

肉食堂よかよか
入店。

肉食堂よかよか
注文。

肉食堂よかよか
着丼。

肉食堂よかよか
うまい!

終了!

いやいや、うそうそ。ちゃんと感想を。

ハッキリ言って、うまい。よかよか丼を頼んだので、あか牛のたたきの横に時雨煮も添えられています。

あか牛は、肉の味が濃い。時雨煮や半熟卵など、風味も味わいも強い添え物があるのに、決して負けない赤身肉独特の旨み。

ギュッとした歯触りは決して肉質が固い訳ではなく、噛みごたえのある食感。

これは、やわらかさばかりを強調する最近の肉とは違う。

昔ながらのうまい日本の牛肉だ。

筋っぽさもないし、ステーキなどのような食べ方よりも、今回のように和風のたたきが好きだな。

肉食堂よかよか
あか牛丼もきました。こちらは時雨煮なし。お肉のたたきだけ。

肉食堂よかよか
いい面構えしてやがる…。

肉食堂よかよか
最近はローストビーフ丼というのがはやっていますが、あれは薄切りな上にいたずらに柔らかく、塩気がついたタンパク質という感じで、ご飯はすすんでもおいしいとは感じません。

肉食堂よかよか
あか牛丼は、ご飯が熊本産でおいしいというのもあるんでしょうが、しっかり肉の味がするし食感がいいので、飯に合う。

肉食堂よかよか
たたき独特のクセは水菜が打ち消しているし、

肉食堂よかよか
これはいいどんぶりでした。

ごちそうさまっす。

ちなみに、同行のなかもらくんに聞いたら、熊本で食べたものの中で一番おいしかったのは、このあか牛丼だったそうです。

こういうお店が、関東にもあるといいんですが。

油っぽかったり、極端に熟成しすぎていたりするお肉のお店ばかりで、ちょっと残念ですね。



ABOUTこの記事をかいた人

のじ さとし

企画、ライティング、撮影、サイトの保守管理をひとりぼっちでこなす編集長。仕事だけではなく、私生活もひとりぼっちです。最近言われた怖い言葉は“天涯孤独の最後”です。