マイナー飲み屋街“大船”を巡ったその後

先日、モジカル所属ライターのマチュピチュ氏と、マイナー飲み屋街である大船の“大船おでんセンター”というお店を紹介した。

大船おでんセンターを出た時点で、すでにいい感じに酔っていたが、まだ飲み足りない感じ。しかしお腹はいっぱい。そこで、適当に飲むことにした。

大船 居酒屋
どのくらい酔っていたかというと、意味もなくこんな写真を撮るくらいです。


「次どこいく〜」とちょっとおねえ口調のマチュピチュ氏。


「西友」に向かうマチュピチュ氏。

アイスボックス
あ、アイスボックスだ!

大船 西友
と、アイスボックスを見つけたマチュピチュ氏。

大船 西友
焼酎を見つけた僕。正直めちゃくちゃ酔っています。我ながらこんなに目を輝かせた姿は初めて見た。

大船 居酒屋
座れる場所を探します。


なかったので、小川の横にある広い公園で飲みます。

大船 居酒屋
今回の主役、アイスボックスです。マンガ家の清野とおる先生の作品で、こいつに缶チューハイを入れて飲むというエピソードがありました。

それをやってみたいと思ったのです。

しかし、ただでさえアルコールをうすめた(うすくないか)缶チューハイ、アイスボックスに入れたらさらに薄くなってしまう。

そこで、焼酎の原液を入れることにした。


焼酎はもちろんキンミヤ。「溶かしながら飲むから、少しだけで大丈夫」と話したところ…

大船 居酒屋
たっぷりと注いでくれました(怒)。


「おいしい! すごいさわやか!」なんて言いながら飲んでいましたが…


喉が熱い! 確かに、めちゃめちゃ飲みやすい味。甘みもちょうどよく、フレープフルーツの香りも鼻に抜けていい。

正直、この味のお酒を出してくれれば通う。というほどおいしいが、いかんせんアルコール度数が強すぎる。

焼酎そのままラッパ飲みしているようなものですからね。


そこでもう少し容器を振って、アイスボックスを溶かすことに。シャカシャカ。


でも濃い!


でもおいしい。

大船 居酒屋
だんだんといい感じになってきたマチュピチュ氏。

大船 居酒屋
大船 居酒屋
大船 居酒屋
大船 居酒屋


マチュピチュ めっちゃ酔ったよ。


マチュピチュ ウェェ!

大船 居酒屋
気づいたらキンミヤの容量は半分くらいに。この公園に来てからまだ20分ほどでしょうか。

アイスボックス割りはすごくおいしい。

その変わり、焼酎の水割りとか、ソーダ割りとか、缶チューハイとか、アルコール度数の低いもので楽しみましょう。

大船 居酒屋
変な風船も落ちてた。


まだ終わりません。冷たいお酒が多かったので、あたたかい食べ物をお腹にいれます。今の所、1人につき焼酎ボトル2本分くらい飲んでいます。
(翌日の胃のダメージ半端なかった)


コッテリした家系ラーメンだったので、ウーロン茶で口をさっぱりさせました。3分の2くらいペットボトルが空いたので、焼酎を入れます。


かんぱ〜い。


ゴクゴク。


キツイよ…。


でも飲む。


キンミヤおいしい!

大船 居酒屋
以上、大船で開催されたマチュピチュ氏との“打ち合わせ”でした。

15時スタートで、解散は終電前の12:30くらいだったかな。都合9時間ほど飲み続けていたことになります。途中から2人とも壊れていました。

大船の居酒屋はバラエティーに富んでいるので、本当長居してしまう。皆さんは、素敵な小料理屋に行くことにして、公園で飲むのはやめましょう。

以上、素晴らしい飲み屋街“大船”からお届けしました。



ABOUTこの記事をかいた人

のじ さとし

企画、ライティング、撮影、サイトの保守管理をひとりぼっちでこなす編集長。仕事だけではなく、私生活もひとりぼっちです。最近言われた怖い言葉は“天涯孤独の最後”です。