【失敗】自転車チューブ、バースト実験

※冒頭からなんなんですが、この記事はモジカル運営会社である小田原じてんしゃ工房公式ホームページにて、自転車のパンクの1種である“バースト”という現象を解説するために制作を開始しました。

しかし、記事制作を担当したライターの「なかもら」「のじ さとし」の2人があまりにもヘタレであったために、実験失敗という結果に。

そこで、このモジカルに掲載することとなりました。アラサー男性2人によるビビりまくる姿をお楽しみください。

自転車の“バースト”とは

自転車、乗っていますか?

我が社、小田原じてんしゃ工房では日夜シティサイクルや電動アシスト自転車の販売、修理にいそしんでおりますが、ときおり修理で持ち込まれるのが“バースト”したチューブです。

自転車のタイヤ、つまり黒いゴムの部分は「タイヤ」「チューブ」という2つの製品で構成されており、後者の「チューブ」が、空気圧に耐えられなくなり、風船に空気を入れすぎて破裂するのと同じように破裂するのが「バースト」と呼ばれる現象です。

チューブの一部が破裂し、パアン! と、大きな音がします。

しかし、普段タイヤに包まれているチューブ、いったいどのくらい膨らめばバーストするのでしょうか。実験してみましょう。

ライターなかもら
協力者をお呼びしました。メディア事業部所属ライターの「なかもら」です。

なかもら 空気入れればいいだけでしょ。楽勝ですよ。

チューブと空気入れ
チューブと空気入れを用意しました。パンク修理1箇所を経験したチューブです。

バーストと共に、空気をたくさんいれると修理跡がどのようになるかも実況していきます。

空気入れをセット
空気入れをセットします。

バースト実験スタート

実験スタート
実験開始です! どんどん空気を入れていきましょう。

チューブに空気を入れる
なかもら こんな楽勝な撮影も久しぶりですよ。ははは。

空気を入れたチューブ
これで通常入れる空気の半分くらいでしょうか。

さわった感じはまだぷにぷにしています。

さらに空気を入れる
なかもら ちょっと空気入れに抵抗が出てきましたね。

空気の充填されたチューブ
これで7分目くらいまで入りました。このあたりから、修理跡部分が目立ってきます。

画像右側の、パンク痕にパッチを貼った部分がすこし変形しています。

1箇所でこの程度の変形なので、パンク修理を繰り返したチューブがどうなるかは予想の通り。

修理後の膨らみ具合
また、修理跡が近くなるほど変形が大きくなります。

そうなってくると、チューブ交換しないと力のかかり具合が変わってしまうんですね。いい実験だ。

チューブとボールペンを比べる
ボールペンと比べると膨らみ具合が分かります。

もっと空気を入れましょう

ビビりだすなかもら
さて、この辺りから急にヘタレ度を増してきたなかもら。

怖い怖いと言ってなかなか空気をいれません。ビビり野郎が。

膨らみを確認するなかもら
少し、というよりわずか、空気を入れては具合を確認します。

空気を入れるのをやめるなかもら
なかもら ちょっともう無理ですね。

のじ おい! しっかり入れんかい! なにびびっとんねん! ヘタレが!

ボールペンで計る
大分空気量の限界に近づいています。

パンク修理跡
修理跡のくびれは遠目に見ても目立つように。

なかもらのビビりMAX
さて、ついになかもらのビビり度が許容量を超しました。

もはや空気を入れることを拒否してきます。

弁解するなかもら
なかもら 無理。だって、ぱあん、なるから。無理。

のじ ビビり野郎が。しょうがないから、一応、顔だけプロテクターをつけてやる。

プロテクターをつけるなかもら
なかもら 爆弾処理やる服みたいのないの?

のじ ない。

モーター式空気入れ
モーター式空気入れで注入してもらおうと思ったのですが、とにかくビビっていて、できないできないと騒いでいます。30歳の男性とはこんなものなのでしょうか。

実験中止

あきらめるなかもら
なかもら できない…。ほんとうに…。

のじ ええい! どけい! 俺がやる!

隠れるなかもら
ご覧ください。この隠れよう。すごい遠くにいます。しょぼすぎんだろ! 見てろよ!

空気を入れるのじ
のじ いくぞ! ヘタレ野郎め、まったく。いくぞ…、いく…い…

あきらめたのじ
のじ できない。怖すぎ。

実験中止
できませんでした。実験失敗です。

だって、怖いんだもん。

すごい膨らんだチューブが、ぱあんって言って襲いかかってくるような気がして。

でも、チューブってすごい膨らむってことを知っていただけ…、いえ、失敗した我々の負けです。

ただ、バーストは突然発生するもの。空気を入れすぎた自転車で、段差などに突っ込まないようお気をつけ下さい。

片付けるなかもら
片付けをするなかもら。ちょっと卑屈な感じ。

以上、何も身にならない実験でした。マジで怖いです。真似しないでね。

ユートピアさん、すごいわ。

ABOUTこの記事をかいた人

のじ さとし

企画、ライティング、撮影、サイトの保守管理をひとりぼっちでこなす編集長。仕事だけではなく、私生活もひとりぼっちです。最近言われた怖い言葉は“天涯孤独の最後”です。