キミは、温泉地にある食品自販機を利用したことはあるか

先だって、風呂についての言い争いをした。
僕は、3度のメシと同じくらい、いや、メシに負けず劣らず風呂好きだ。

銭湯と見れば、時間の余裕を見つけてはとりあえず入ってみるし、よい風呂があると聞けば、遠方まで出向いていくこともある。

カバンにはミニタオルと防水の袋を忍ばせてある。

そんな風呂屋には、飲食を提供するスペースが設置されている場合がある。

言い争いの原因はコイツに他ならない。

スーパー銭湯といえば、入浴料が銭湯などよりも少し高く、休憩所と称した、かなりしっかりとした飲食スペース、仮眠スペースなど、充実した施設がある。

ここで飲食をするというのは良いが、銭湯のような温浴施設で、湯上がりに食堂でメシを食うのは、いかがなものか。

スーパー銭湯は長居して良いという免罪符が高めの入浴料に保証されている。

しかし、銭湯は違う。風呂好きは、サッと入ってサッと失礼し、近くの居酒屋にでも行って、喉を冷ましがてら瓶ビールでも流し込むのがご常道だろう!

などと、知り合いとカンカンガクガクの討論を行った。スーパー銭湯の飲食スペースで。

さて、そんなこともすっかり忘れた先日、箱根に温泉を楽しみに出掛けた。

時刻は夕暮れ刻。ヒグラシの鳴き声と、山から吹き下ろす風がきもちいい。

温泉 飲食スペース
ひとっ風呂浴びた後に、小腹が空いていることに気づいた。

そういえば、朝からろくなものを口にしていない。

ここはスーパー銭湯ではないものの、かなり広い飲食スペースを設けている。

ざるそばでもずずっとすすろうと施設内を移動する(後で考えてみれば、知人に言い放った言葉に真っ向から矛盾している。盾も矛もプラスチック製だ)。

営業時間は終わっていた。

冷凍食品の自販機
残念! と思って横を見ると、自販機があった。

冷凍食品の自販機だ。これは、そこそこ規模のある温浴施設で見かける。

冷凍食品を、温めて提供してくれるものであることは知っている。

しかしながら、これまで一度も使用したことはない。

ぼーっと眺めていると、先だっての知人との会話内容を思い出した。

その際に、独自の銭湯論に絡めて、彼は言ったのだ。「食堂のない温浴施設で食べた冷凍食品のハンバーガー。あれはイケる」と。

当初はそのまま失礼しようと思っていたものの、こんな話まで思い出しては、どうにも目が離せない。

冷凍食品の自販機のハンバーガーセット
よもや、知人が同じ温浴施設に来ていたとは思わないものの、話に聞いたハンバーガーセットがラインナップされていた。

よーし、こいつを試してみようと決めると、俄然腹が空いてくる。

冷凍食品の自販機にお金を入れる
お金を入れて…

冷凍食品の自販機
商品を選択する。

冷凍食品の自販機の待ち時間
意外と待つ。どうでもいいことだが、写真を撮影したときの残り時間は煩悩の数と一緒だった。

3大欲求に囚われた人間とは、なんともみにくい。いくら僕が焦っても、時間経過が早くなる訳でもないのに、ソワソワが止まらない。

冷凍食品の自販機の説明書き
待ち時間に所在なくしていると、自販機の本体に説明書きを見つけた。

飲料水の自販機ではなかなかに見かけない。なぜだか好感が持てる。

冷凍食品の自販機 残り時間
読み終わっても、まだ時間はある。もう少しかかるようだ。

冷凍食品の自販機 あたため完了
温め完了の音が鳴ったので、受け取り口を開ける。

すると、ない! よもや機械の故障かと思ったが、

冷凍食品の自動販売機 受け取り口
下の方に落ちていた。

冷凍食品の自販機 ハンバーガーセット
箱が熱い。自動販売機をよく見ていなかった。これはニチレイの商品らしい。

24hr. HOT MENU うなずけるネーミング。

冷凍食品の自販機 ハンバーガーセット2
箱の中には、包装紙の蓋がされていた。

冷凍食品の自販機 ハンバーガーセット 中身

包装紙を剥がすと、バターの香り。いやー、これは腹がへる。

冷凍食品の自販機 ハンバーガーセットのバーガー
熱くて持てないほどあたたかい。

冷凍食品の自販機 ハンバーガーセット 実食
モグリ。うまい! 野菜は入っていないものの、トマトケチャップに少量の玉ねぎのみじん切りのような食感。

いける。これは知人の言うとおりだ!

冷凍食品の自販機 ハンバーガーセット ポテト
ポテトも入っていた。

冷凍食品の自動販売機 ハンバーガーセット ナゲット
ナゲットも。コンビニのお弁当に入っているやつに似ている。

冷凍食品の自動販売機 ハンバーガーセット バーガー食べかけ
これは、正解だ。ちょっとした自家製バーガーよりもおいしいかもしれない。

冷凍食品の自販機 ハンバーガーセット 完食
完食。実に有意義な体験だった。

腹もひと心地ついて、目線を上げると、

冷凍食品の自販機
ソース焼きそばと焼おにぎりが、扇情的な視線を投げかけてくる。

今日はこの後飲食店の予約をしている…。

据え膳食わぬはなんとやら、そんな言葉を巡回させながら、のぼせた頭をタオルで拭き、横目で自販機を見ながら、その場を去った。

次は、全種類制覇してやる。

外に出ると、辺りはすっかり暗くなっていた。どこでもあたたかい食事を楽しめる。

幸せな時代に生きている。先だって、戦争関連の記録映像を見たからばかりではない、なんとも言えない気分に、苦笑いも出るというものだ。



ABOUTこの記事をかいた人

のじ さとし

企画、ライティング、撮影、サイトの保守管理をひとりぼっちでこなす編集長。仕事だけではなく、私生活もひとりぼっちです。最近言われた怖い言葉は“天涯孤独の最後”です。