ロータスのビスコフを久しぶりに食べたらコーヒーが飲みたくなる

ロータスビスコフ

対面での打ち合わせがほとんどなくなりました。

オンラインがメイン。

が、久しぶりに参考の現品を渡さなければいけない案件があり、久しぶりにお打ち合わせへ。

お茶なんかも出てくるんですが、マスクをしていたので飲むことはなく、打ち合わせ終了後に帰る際。

お茶と一緒に出てきたクッキーに目がいきました。

ロータスのやつや。

ベルギーのお菓子で、香ばしくてカラメル味のやつ。

普段ほとんどしませんが、こっそりポケットへ。

帰り道、手を携帯用のアルコールで消毒して、クッキーをぱくり。

おいしい! この食感、味わい。コーヒーのみてえ!

しかし、別件の仕事もあるし、そもそもこのご時世でコーヒー屋さんに入るのもあれかな、と思い電車へ。

自宅近隣駅に到着後スーパーへ。

もちろん、目指すはお菓子売り場だ。

ロータスビスコフを買う

ロータスビスコフ

買ってきた。

うまいよねえ。軽い口当たりにカラメルの香ばしさ、甘すぎず、サクサクしているけれどパサパサでないし。

ロータスビスコフ

このサイズ感もちょうどいい。

そしてコーヒー飲みたくなる。

淹れましょう。

ロータスビスコフ

コーヒーはフレンチプレス派ですが、今回はビアレッティでエスプレッソを。

ロータスビスコフ

あたためた牛乳で割ります。

ラテ、ですね。エスプレッソにはブラウンシュガーを入れますが、今回はなし。

ロータスビスコフ

完成。寒くなるとこの一杯がありがたい。

エスプレッソのパワーのある苦みと、あたためた牛乳のやさしさがおっさんの胃をあたためてくれます。

ドリップやフレンチプレスで淹れるコーヒーとはそもそも粉がちがいますが、エスプレッソの香りってなぜかホッとするよね。

ロータスビスコフ

もちろんお供はこいつです。

いいデザインしやがって。合うなあ。合う。

この甘みとラテの味わい、やさしい気分になるよ。

ロータスビスコフ

半分食べた。香ばしい。

ロータスビスコフ

そういえば、コーヒーにつけたりしたらしっとりおいしいのかも。

しかもなんかシャレてない?

ロータスビスコフ

と、思ったらコーヒーつけた分が崩れて落ちた。

ビスコフの半分が勢いよくコーヒーの中に飛び込んでいき、熱いコーヒーが顔にかかり、白いTシャツに細かな染みがたくさんできた。

ありがとう。ロータス。このことは忘れないよ。

一生ね。

ロータスビスコフ

漬けて食べたらおいしいかと思ったけれど、そうでもなかった。

シャビシャビの食感で、舌触りよくない。

もう完成されたお菓子なんだね。

ロータスビスコフ

満足。

お菓子って、なんだか気づいたら食べ過ぎてしまうことも多いのですが、ビスコフは満足感が強くて、あまりたくさん食べる気にはならない。

ひさしぶりにゆったりしたいい時間でした。

みなさんも仕事の合間にでも。

 



ABOUTこの記事をかいた人

のじ さとし

企画、ライティング、撮影、サイトの保守管理をひとりぼっちでこなす編集長。仕事だけではなく、私生活もひとりぼっちです。最近言われた怖い言葉は“天涯孤独の最後”です。