国立劇場で行われる 「歌舞伎のみかた」は歌舞伎初心者よりも歌舞伎好きにオススメ

千代田区にある国立劇場は、歌舞伎、文楽、雅楽などの伝統芸能を演目として上演することで有名だ。

そして、僕は結構歌舞伎が好きだ。

といっても十数回ほどの観劇しか経験はなく、歌舞伎ファンの江戸っ子からすれば「なに言ってやがんでぇ、このひよっこが。いっちょうめぇに歌舞伎を語る気か。」と怒られそうなので、よかったよ、というご報告だけ。

「歌舞伎のみかた」は歌舞伎全体のことではなく、演目に焦点をあてる


歌舞伎鑑賞教室は国立劇場が年数回行うイベントで「解説」と「演目」の2幕で構成されている。歌舞伎以外にも、文楽鑑賞教室などもあるらしい。

なんとなく、ネーミングから歌舞伎全体にまつわる話を想像するかもしれないが、ほとんどは取り扱う演目についての解説だ。


今回は連獅子。親子の獅子に分した歌舞伎役者が活躍する。

ちゃんとした内容は、是非「歌舞伎のみかた」で知ってほしい。

解説では、連獅子で使用する舞台装置の説明や、選ばれた観客を壇上に上げての説明など、エンターテイメント性があって結構おもしろい。

どことなくテーマパーク風のノリに、普段の歌舞伎とは違う西洋ノリのワクワク感がある。

さて、普段の歌舞伎鑑賞とちょこちょこ違うところがあったので、そこをご紹介しましょう。

イヤホンガイドに多言語版あり

イヤホンガイド貸し出し所
イヤホンガイドをご存知だろうか。伝統芸能鑑賞などでは毎回欠かさずレンタルしている解説機械だ。

その名の通りイヤホンを耳に突っ込んで、上演中に解説をしてくれるというすぐれもの。

言葉遣いに始まり、日常の所作や礼儀作法なども現在とは大きく違う歌舞伎の演目は、そのまま観覧していると意味合いを理解しにくい部分がある。

そんなとき、イヤホンガイドさえあれば解説により、演目に置いてかれることがなくなる。


これ、結構重要。

どの劇場もホワイエのあたりに大体ある。貸し出しが数百円で、保証金1,000円くらいが相場。

保証金はときおり持ち帰ってしまう人がいるための措置で、イヤホンガイド返却時に返金される。

そのイヤホンガイド「歌舞伎のみかた」では、中国語、韓国語、フランス語、スペイン語なども追加されていた。

確か普段は日本語のみか、日本語・英語の2種類だったと思う。

さすが初心者向け講座。

電子表示板あり

 

舞台
歌舞伎の舞台を見てみると、行き慣れた人なら驚く部分がある。

電光掲示板
電光掲示板がついている! 普段はないです。

前半の解説時に出てくる固有名詞や字幕表示が行われていた。

お昼をはさまない

普段の公演ではお昼を挟み、昼食をとることがほとんど。

お弁当も売っているし、入り口から少し入ったところで予約して、お席でゆったりと懐石弁当を食べることもできる。

仮名手本忠臣蔵のときは、お弁当に使用するお塩を赤穂の甘塩にしていたり、ちょっと洒落の効いている場合もある。

が、歌舞伎のみかたではお昼を挟まないので昼食はない。

と、ざっくりとしたところですが違いがありました。

後は若い人も多いです。普段の公演の平均年齢はすごい高い。

そのため新鮮な気分。

あと、チケット代がちょっと安い。

普段の公演でも、イヤホンガイドを借りていれば問題ないと思うんですが、上演作品についてもっと詳しく知りたい、もしくは短めの演目を見るところから始めたい、という人にはオススメです。

おもしろいよ、歌舞伎。



ABOUTこの記事をかいた人

のじ さとし

企画、ライティング、撮影、サイトの保守管理をひとりぼっちでこなす編集長。仕事だけではなく、私生活もひとりぼっちです。最近言われた怖い言葉は“天涯孤独の最後”です。