イタリア式食堂キャンティのドレッシングはお持ち帰りできる

野菜はお好きだろうか? 90Kgを超す僕の体系を見ると肉が好きと思われるみたいだが、実は野菜が大好きだ。

煮物や汁物、お浸しなんかもいいが、やっぱり生野菜がおいしい。特にあたたかくなってくるとサラダを食べたくなる。

キャンティのドレッシング

キャンティのサラダ
で、食べに来ました。イタリア式食堂キャンティのサラダ。イル・キャンティの店名で関東近郊ではよく見かけるお店。野菜のおいしさももちろんながら…

ドレッシング
ここのドレッシングは格別だ。 正直これよりおいしいドレッシングに出会ったことがない。

ドレッシング開封
濃厚な味付けに風味のいいドレッシングは、いわゆるサラダドレッシングのような酸味がなく、すこしガーリックのような香りもある。

サラダにかける
サラダにかけると、うまい! 食感のいい野菜にベストマッチ! モリモリいける!

野菜にはもちろん合うが、パンとかにつけてもいい。
お持ち帰り

そしてお持ち帰りできる。

家でサラダを作ってみる

さて、自宅でもあのドレッシングを楽しめるとのことで、実際に購入してきた。

購入時に「サラダおいしいですよね〜」なんて話すと、おいしく作るコツも教えてもらったので、試してみる。

ルッコラとベビーリーフ
ルッコラ、ベビーリーフ、撮り忘れたがサラダ菜を用意。

レタスがそんなに好きではないので、今回は外す。

根を切らない
第一のコツは洗うときに根を切らないこと。野菜でもお魚でもそうだが、切り口から旨味が抜けていくとか。

そういえば和食の基本であった。

サラダ菜
サラダ菜もこのまま洗う。

ボウルに水を張る
ボウルに水を張り、ザブッと洗う。ギュウギュウ押しつけると繊維が壊れるのでやさしく。

洗う
青々としていいね。

サラダ菜
葉の重なった部分に畑の砂など付着していることもあるので、サラダ菜は軽く流水で流してからボウルに入れる。

前に無農薬栽培の野菜を購入したら、葉の重なったところにカタツムリのちっちゃいのがいた。

農薬多めはちょっと不安になる。少し虫食いがあるくらいのが安心できる。

2つめのコツは水につけること。野菜にハリが出て食感などもよくなるそう。

15分くらい水につけて…

水切り
水切り。これはサラダスピナーといって、中に洗った野菜を入れ、蓋をして取っ手部分を押すと…

サラダスピナー
ザルの部分がぐるぐる回転して遠心力で水分を切ってくれる。

これないと水分切るの大変なのよ…。水っぽいとおいしくなくなるし。

一応、最後のコツは水切り。葉の外側の水分はよくとること。

水分
ちょっとやり過ぎた。でもこのくらいお水が切れる。水切りせずに食べると、この水分をドレッシングに混ぜて食べるのと同じ。やり過ぎはよくないけど、やらなすぎもまずい。難しい。

完成

完成
とにもかくにも完成だ。盛りつけのときに気づいた。水につけたことで野菜の触感が袋からとりだしたときよりもしっかりとしている。

指で押すと少し弾力のある感じ。

小皿に分ける
では…

キャンティのお持ち帰りドレッシング
このテイクアウトしてきたキャンティのドレッシングを…

かける
かける!
香りはお店で食べるものと同じだ!

実食
うう、うまい! ほんの少しお店と違うかな。それにしてもいける。これでお酒飲める。

そしてお店の方から伺ったサラダの下処理が抜群だ。15分つけたら水っぽくなるかと思いきや、葉もの独特の甘さが際立って、食感も抜群によくなっている。

ドレッシングの賞味期限は5日。今週はサラダ生活になりそうだ。