くまもとらーめんブッタガヤは、小田原、いや、関東でも屈指の熊本ラーメンのお店

ブッタガヤ 小田原

熊本ラーメン。福岡の豚骨ラーメンよりもコクがありながら、よりさらりとしたスープに、ニンニクに熱をとおして作るマー油をたらし、高菜、キクラゲ、豚の角煮、キャベツなどを入れる、ご当地ラーメン。

ラーメンって、月に1度食べる程度なんですが、ときどき無性に食べたくなるのが、これ。

以前の職場は新宿で、都内でくまもとラーメンを食べようとすれば某有名チェーン店に行くことが多かった…。

んですが…。

満足度が低い…。なんつーか、パンチが弱い。麺の太い豚骨ラーメンじゃん、と思うことが多かった。

なぜかというと、

ブッタガヤ 小田原
小田原在住時にブッタガヤに通っていたからだ。

小田原駅から徒歩15分くらい。

この近辺に住んでいたこともありまして。

店の近くに来ただけで感じる、野性味あふれる香り。好き嫌いが分かれると一発で分かる。

熊本出身の人いわく、関東近郊ではブッタガヤがトップ10に入る熊本ラーメンのお店だとか。個人的感想だと思いますが。

ブッタガヤ 小田原
高菜の油炒めは大好物なので、高菜らーめんでもいいんですがね。

ブッタガヤ 小田原
今日は店名のついたメニュー、ブッタガヤに。高菜は入っていないんですが、角煮や茎わかめがトッピングされているんです。

ブッタガヤ 小田原
きた! 久しぶり! この骨をひたすら煮こみました! っていう野趣あふれる香り。店内のどこをかいでも分かる。ほんと、好き嫌いが分かれる。

絶対デートには使えない。でも、嫌いじゃない…。クセになる。

ブッタガヤ 小田原
スープは、全然あぶらっぽさはないんです。わりとさらりとしている。だけれどコクがすごい。髄とか、そういう部分のうまみが詰まっている。

ブッタガヤ 小田原
麺はコシが強くて小麦っぽさを前面に出した味わい。ちょっと堅めの茹で上げ加減がいい。いや、うめえな。スープがからむ。

ブッタガヤ 小田原
角煮はトロッとしていて、味付けがそんなに濃くなくていい。最近外で角煮食べるとしょっぱいの多い。

ブッタガヤ 小田原
これ、ご飯が…

ブッタガヤ 小田原
めちゃくちゃ合う! 麺なしでご飯大盛りにして、スープと角煮でもいける。

ブッタガヤ 小田原
角煮は、豚骨スープにひたすべきだな。

ブッタガヤ 小田原
生のキャベツ、麺、コクのあるスープを一緒にすすると、これまたうまい。

食感と味が楽しませてくれる。

ブッタガヤ 小田原
卓上には粗挽きのコショウがあるので、

ブッタガヤ 小田原
香りをプラスするとこれまたいい。

ブッタガヤ 小田原
独特のクセのある香りが気に入れば、こんなにおいしい熊本ラーメンのお店はなかなかありません。

お試しを!



ABOUTこの記事をかいた人

のじ さとし

企画、ライティング、撮影、サイトの保守管理をひとりぼっちでこなす編集長。仕事だけではなく、私生活もひとりぼっちです。最近言われた怖い言葉は“天涯孤独の最後”です。