小田原で中華なら「森羅」一択だ

東京都内に住んでいるときは本当によく見かけた中華料理屋さん。路地を曲がれば、あれ、こんなところに。なんて経験も多かった。

一方、神奈川西部に引っ越してみれば、なかなかに見かけなくなった。

さて先述の通り、お店がたくさんあれば、自然足を運ぶ機会も多くなる。月に3〜4軒の中華料理屋さんを開拓していたように思う。

しかし、実はしっくりとくるお店がなく、いわゆる町中華から高級中華店まで、なかなかお気に入りのお店が出てこない。

なぜかというと…

新羅本店
行きつけのお店が小田原にあるのだ。

通い始めて15年は経っているのではないだろうか。

別に地元だからとかではなく、ここよりおいしい中華屋さんに行ったことがない。

コースうん万円の高級中華も、40分も並んで食べた中華も、ここよりおいしいと感じたことはなかった。

エントランスの置物
まあ、お店の雰囲気とか、個室だったりとか、そういうところではいいお店があった。ただ、味は7:3で新羅のがおいしい。

奇をてらったメニューが少ないということもあるけど…。

ランチを注文

普段は夜に伺うことが多いが、今日はランチ。時刻は13:30ほど。

朝から忙しくて何も食べていなかった。ピーナッツオイルなのか、炒め油に熱の通る音と香りによだれが止まらん。

話と女性のスカートは短い方がいいと言ったのはトランプ大統領だったか。さっそく注文。

ザーサイと豚肉炒め醤油麺
きた! これが一番好きなメニュー。ザーサイと豚肉炒め醤油麺。

熱々のうまい油にくるまれた食感のいいもやし、油通しによって旨味を閉じ込められた細切りの豚肉、そして適度な塩気と独特の歯触りを残したザーサイ、それらを炒めた一品が、見た目以上のコクがあるさっぱりスープにのせられている。

この上の具材,

頼めばランチでも注文できるが、夜はオン・ザ・ライスでも注文可能だ。

麺
そして麺…。細く縮れており、味は小麦の旨味が強い。

よくあるカンスイのような感じはほとんどしない。そして歯でブツっと切れるゆで加減。スープの絡み具合。うめえ…。

具材
これで一杯飲める。

スープ
スープはすごくすっきりとしている。けど、深みがある。

餃子セット
ちなみに、+200円で餃子セットがつく。ザーサイと豚肉炒め醤油麺が800円だから合わせて1,000円。

満足感てきには1,800円くらい。

肉味噌
小鉢として添えられているザーサイの左側に盛りつけられた肉味噌。これが実にいい。乳化してんじゃねえかというくらいねっとりとしており、見た目ほど辛くない。

ご飯と肉味噌
ご飯と合う合う。

他のランチメニュー

じつはこの日は3人で伺っていた。
残りの2人は…

五目そば
五目そばと…

酢豚ランチ
酢豚ランチ。

五目そばの麺
そして注目は五目そばの麺。
さきほどの麺とはまた違う、少し透明度の高い、平たいちぢれ麺。

 

実は森羅さんは…

すずき製麺所
お隣にある製麺所さんが経営している。そのためお料理ごとに違う麺が楽しめる。

今回紹介した以外にも数種類の麺が使用される。これも気に入っているところだ。

完食
完食。満足。

食後の珈琲
食後にはコーヒーも出る。喫茶店のコーヒーのようにうまい! という訳ではないけど、なんとなく食後にホッとする。

ここは本当にオススメ。小田原の中華なら、森羅だろ!

小田原まで来てくれれば、連れてくぜ!

ABOUTこの記事をかいた人

のじ さとし

企画、ライティング、撮影、サイトの保守管理をひとりぼっちでこなす編集長。仕事だけではなく、私生活もひとりぼっちです。最近言われた怖い言葉は“天涯孤独の最後”です。