ジャズと聞いて才能という言葉を使うのはやめませんか

ジャズに才能って必要ではないと思うんです

ジャズを演奏していると言うと、たまに「えー才能あるんだね」と言われることがあります。

世間ではジャズだとかアドリブというと才能がなければ…、なんて条件反射的に考えるむきがありはしないでしょうか。

これがジャズに触れたことのない一般の方だけならまだしも、僕がたまにしか読むことのないジャズ関係の雑誌などでも同じように「この◯◯なサウンドはまさしく才能のなせるわざである」的なことを書いているものですから始末に負えません。

確かにあなたが世界のトッププレイヤーにでもなりたいとでも言うのならば、才能とやらが影響しないとは断言できないでしょう。

しかしそれ以外の人間にとってジャズを演奏するのに才能などと呼ばれるものはほぼ影響しないと言えるのではないかと思います。

ましてやこれから趣味としてジャズの演奏をしてみようという人にとっては才能などというものは全く、一切関係ないと断言することができます。

今日はそんな、気持ちの話。

「僕は才能が無いから〇〇しない」は二重の意味でデタラメ

例えば僕は人前で演奏するのは嫌いです。

いえ、ここ数年くらいでちょっとは良いかもと思うようになってきましたが、それでもしなくて良いならばしません(笑)。

またトランペットの演奏技術では僕より若くて上手い人は掃いて捨てるほど存在します。

これらの事実をもってして僕に才能があると言う人はなかなかいないでしょう。

しかし一方で僕は諦めの悪い人間です。 お前は下手すぎてダメだと言われても、有名なプレイヤーの前で演奏をして思わず顔を背けられても一通り落ち込んだ後はまた練習をし続ける。

また単に今できないことが少しだけできるようになることに喜びを感じます。

これだけでも練習を続ける理由になります。

何が言いたいかというと、1人の人間には数えられないくらいの多くの側面が存在します。

上に挙げた以外にも例えば何も考えず1つのことを続けられる、もしくは浅く広くいろんなことに手を出す、新しいものにすぐに飛びつく、やたらと古いものが好きなどなど。

その中の1つや2つを切り取って自分には才能が無いだとか決めつけるのは全く意味がないどころか、その人の能力に足枷をはめてしまうことになります。

そもそも自分の持つさまざまな側面なんて自分自身でも気づかないことが多いのですから、自分の向き不向きなど考える前にスタートを切ってしまいましょう。

確かにビジネスなどでこれをやってしまっては大きな痛手を被ることにもなりかねません(それでも長期的に見れば決してマイナスにはなりませんが)。

しかしあくまで趣味としてならば全く問題はないはずです。 もし仮に途中で挫折してしまったとしても、そもそもジャズを齧った経験などというものはそれ以外の人には得難い貴重な文化的経験です。

これはあなたの人生を豊かにする上でプラスにしか働かないはずです。

誰もが持っている石の話

ちょっと視点を変えてあなたが持つ先天的な才能とか素質というものを石に例えてみましょう。

全ての人間が何らかの石を持っているとします。ただしあなたの持つ石が何かは分かりません。

それは人によってはダイヤモンドだったり、サファイアだったり、下手をすると石ですらなく泥かもしれません(笑)。

1.あなたの持っている石を輝かせるためには磨かなければなりません

ダイヤモンドはそれに気づかず磨かなければ美しくは見えませんし、あなたが持っているのが泥だとしてもきちんと磨けばピッカピカの玉状になります(キレイな泥団子、一時期流行りましたね)。

ですからあなたが持つものが一見価値のないもののように見えたとしても、しっかりと磨けばそれなりに輝きますし、逆にどんなに価値の高いものを持っていたとしてもそれを磨かなかったり、もしくはそれを諦めてしまったりすればあなたの持つ石は輝くことはできません。

2.磨き方にもいろんなやり方があります

ダイヤモンドを研磨するような機械を使って光沢のある泥団子を作ることはできませんし、その逆もまた然りです。

自分の持っている石が何かはわからないのですからさまざまな磨き方に挑戦し、うまくいかなければその度にやり方を変えていくのです。

もしかしたら試行錯誤するうちに誰かからアドバイスを得られるかもしれませんし、偶然自分で気づくかもしれません。 ですから何でもまずはトライしなければ始まりません。

あなたの持っている才能(=石)が何かはわからないし、しかもそれが何であっても磨かなければ輝かないし、逆に正しく磨きさえすれば価値が低く見えるものであってもきちんと輝くという話なのですが、話はここで終わりません。

あなたの磨いたものの芸術としての価値

非常に硬い鉱物であるダイヤモンドはしっかり磨いてもある程度似たような形にしか成形できません。

一方あなたが持っているのがもっと柔らかいもの、例えば砂岩だとしたら自由自在に加工することができます。

もちろん宝石屋に売り払うならばダイヤモンドの方が価値があるに決まっていますが、芸術作品としてはどうでしょうか?

芸術の世界では常に希少価値があり高価なものだけがもてはやされているのでしょうか?

あなたの持つ石の特性に気づき、もしその特性を活かして何かを作り上げることができればそこには貴金属的な価値を超える価値を生み出すことが可能になるということは誰だって理解できるはずです。

あなたの生まれもった石そのものを変えるのは難しいことかもしれません。

しかしあなたの持つ何らかの石をその石に向いた方法で磨き、その特徴を生かして形を変えていき、結果としてそれに大きな価値を持たせるここそが大事なことです。

そしてさらに大事なことは、これらのことは全て後天的な作業であるということです。

ですから才能が云々というのはやめて、ジャズでも何でもまずはやれるところまでやってみましょう。

恐らくあなたの予測どおりにとはいかないでしょうが、それは必ず良い結果をもたらしてくれるはずです。



ABOUTこの記事をかいた人

金村 盡志(かねむら つくし)

1986年生まれ。中学生から吹奏楽を通してトランペットの演奏を始め、高校生からジャズに目覚める。その後、原朋直氏(tp)に約4年間師事し、2010年からニューヨークのThe New Schoolに設立されたThe New School for Jazz and Contemporary Music部門に留学。Jimmy Owens(tp)氏などの指導を受け帰国し、関東近郊を中心に音楽活動を開始。金村盡志トランペット教室でのレッスンを行いながら、精力的に活動を続けている。