ハギレ生地でロングTシャツを

ハギレ生地、こちらは少し長さがあるので⋯せっかくなので、それを活用して長めのTシャツにすることにしました。
お尻もスッポリ隠れるロングTシャツの下にスウェットパンツとかを合わせれば⋯着やすく動きやすい普段着になると思います。

わりと細かい波のような地味目の柄ですが⋯よーく見るとピンク色やグリーンなどの差し色もあって凝った柄ではあります。
着物素材には珍しくジャージ生地のように少しストレッチ感もある不思議な生地です。

無難な感じですが⋯前身頃は、こんな感じです!
後ろ身頃は、黒の分量を多くしスッキリさせました!

前身頃と後ろ身頃中心に生地の長さを活かしたラインをそれぞれ太さを変えて入れ、違った印象にしました。
色の合うスカーフや個性的なロングネックレスなどを合わせるとお洒落なチョットした外出着にもなりそうです。
写真では分かりにくいですが⋯さりげなくAラインに、着やすいように工夫もされています。

衿ぐりは細めの黒のパイピングで、さりげなくアクセントをつけ首周りをひきしめてみました。
着やすい一品になったかな⋯と思います。
いかがでしょうか?!

ABOUTこの記事をかいた人

安藤 貴美子

多摩美術大学染織科を卒業後、1970年代後半から日本のテキスタイルデザイナーとしてパリのオートクチュールにも採用された松井忠郎の四季ファブリックハウス、刺青プリントTシャツで話題になった坂井直樹が帰国後に設立したウォータースタジオなどで腕をみがく。その後、仲間と共にデザイン事務所 スタジオ'K3を立ち上げファッションからインテリア、日常のファブリックにいたるまで幅広くデザインにたずさわる。出産を機にフリーに。以降しばらくの間デザインの世界を離れ、フルオーダーの洋服制作を行うかたわら、母の死をきっかけに着物の価値を再認識。着物リメイク作家としての活動を始める。