熊本のローカルフード、ちょぼ焼きはお酒の肴にもグッド

熊本到着の翌日、やっぱりローカルフード、つまりB級グルメも抑えておきたい。

田崎市場 ちょぼ焼き
なんて考えながら、くまもと田崎市場へ。

田崎市場 ちょぼ焼き
熊本交通センターからバスで20分ほどだったか。

なんとなく築地を思い起こさせる。やっぱり卸し売り市場は似たレイアウトになるんですね。

田崎市場 ちょぼ焼き
ゴールデンウィークながら、今日は空いている、と聞いていたんですが、卸しはやっていても、各商店の一般向けの開放はそんなにやっていなかったみたい。

田崎市場 ちょぼ焼き
開いてねえ…。

田崎市場 ちょぼ焼き
さまようこと10分。

田崎市場 ちょぼ焼き
開いてた!

田崎市場 ちょぼ焼き
いい感じのお店構え。

田崎市場 ちょぼ焼き
ちょぼ焼きは、お好み焼きとかもんじゃ焼きのようなお品書き。

田崎市場 ちょぼ焼き
とりあえずスタンダードな素焼きと、人気の高い肉玉めんやさいというのを注文。
あと、

田崎市場 ちょぼ焼き
もちろんこいつも。朝からのいっぱいは効くぜーーー。

田崎市場 ちょぼ焼き
カウンター奥でご主人が焼いてくれます。

田崎市場 ちょぼ焼き
待っている間、ちょぼ焼きとは、を見る。

関西の方言で「ちょぼ」という言葉がもとになっているらしい。

熊本のと関西のでは別物だとか。期待感高まる。

田崎市場 ちょぼ焼き
きました。

すべっとしてやわらかな生地に包まれている。関西版包みクレープ的な?

田崎市場 ちょぼ焼き
食べてみると、薄焼きながらもちっとした生地に、お肉とたくあんでしっかりとした味わいで、いい感じに味が濃い。

田崎市場 ちょぼ焼き
ビールによく合う。

田崎市場 ちょぼ焼き
そして、この卓上調味料。

田崎市場 ちょぼ焼き
にんにくパウダーや青のりなんかをかけるといいというのでかけてみた。

いやー、さらにB級グルメ感が増していく。

しかし、お好み焼きなんかとは似て非なるものだ。これはおもしろい。

田崎市場 ちょぼ焼き
麺の方も到着。

田崎市場 ちょぼ焼き
こちらはキャベツなんかも入っていて、よりボリューミー。


この生地の舌触りクセになるな。

田崎市場 ちょぼ焼き
青のりとニンニクパウダーもまた合うなー。

というところで完食して退店。

うん、やっぱり九州まで来ると食文化は違う。

お好み焼きとは全くことなる食感。熊本にきたときは是非。



ABOUTこの記事をかいた人

のじ さとし

企画、ライティング、撮影、サイトの保守管理をひとりぼっちでこなす編集長。仕事だけではなく、私生活もひとりぼっちです。最近言われた怖い言葉は“天涯孤独の最後”です。