編集長、人生で初めて弁当にはまる うまくてやすい、マミー弁当

実を言えば、弁当はそんなに好きではない。

弁当といっても割烹和食に見られるようなものではなく、いわゆる街角でも売っている弁当だ。

弁当となれば冷たいご飯に、いつできたのか分からない酸化した揚げ物、冷たくなっても味を感じるように油と塩を効かせた惣菜。

これらが混然一体となり、口中の水分は欠乏、胃もたれ、胃痛、胸焼けに、残りの人生における数少ない食事回数においての後悔を胸に禁じ得ない、なんてことになるのもしばしば。

特に電車の中で弁当を食うという行為がどうしても受け入れられず、車中にて同じ車両の人が密閉空間におけるパーソナルスペースの存在を無視するかのごとく、弁当特有の蒸れたニオイを充満させられては、必死に目を閉じ達磨大師のごとく堪え忍ぶ。

そのうちプシッという音と共にアルコールのニオイなどすれば、もはや正気でも失うか、というほど嫌いである。

が、つい先日、これらの思いを打ち消すほどうまい弁当を食べた。それが…

店舗
マミーの弁当である。まさしく、愛が詰まっていた。

2回目の訪問
神奈川県小田原市の鴨宮にある。駅からは結構遠い。この日も車で来た。駐車場は真隣。

このお店には、実は昨日も来店。24時間ぶり2回目の訪問。

メニュー
500円、600円のメニューも並ぶが、300円台、400円台のものも実においしい。

いまのところ、外れなし。そして豊富なメニュー。ここ以外にも壁にお品書きがあり、カレー、などもある。

そしてバリエーションで海老カレーやコロッケカレーなども。めちゃくちゃでかい冷蔵庫でもあるのかな?

壁のお品書き
これでも壁に貼られたメニューの一部にすぎない。

待ち時間
お昼時は、注文してからできあがりまで結構待つ。なぜなら、作りたてのお弁当を提供してくれるからだ!

この日は近くの建設現場の方々からの注文などがあって、先客が結構いた。そのため30分ほどぼーっとしていた。

しかしながら、カウンター下部の本棚には僕も大好きな京極夏彦先生の著書。700ページくらいあるから、たとえ12時間近く待つことがあっても大丈夫だ。

夜とか、土日はこんなに待つことはない。ご安心を。

さて、奧で調理される風景をちらちら見ていたら、電話で注文して後で取りに来るというお客さんもいることが分かった。

一見さんで、しかも1人分の弁当の注文でそのようなことはできない。常連になったら先に電話してみよう。

最後の食卓
弁当を受け取って足早に去って行く作業員の方を眺めながら、店内のベンチのようなものに腰掛けていると、後ろから妙な視線を感じた。

振り返ると画像のような有様で驚く。これは…イエス・キリストの最後の食卓だな…。

なんか、意味深…。食事というものの本質を問いかけられるようだ。パンとワインか…。

弁当開封

焼き肉弁当
さっそくですが、焼き肉弁当(税込み594円)開封。これがおいしい。

お肉自体のうまみ、というよりもからめてあるタレが絶妙。全て作りたてのままに詰めてくれるので、あたたかい。

ご飯の炊き具合が、弁当一筋数十年の技を魅せる。副菜のサツマイモもレモン煮だったと思うが、よく煮えている。大量に作るからこその味わいだ。

うめぇぇぇぇーーーーーーーーーー!!!!!

ラインナップの中では比較的豪華な一品。車中にて、ぺろりとたいらげる。

デラックスのり弁
実はもう一個購入していた。さきほどの焼き肉弁当は我慢できなくて、すぐ食べてしまった。

今回は帰宅してからゆっくりと。夕飯にはちょいと早いが、お腹も空いたしいいだろう。

のり弁当
のり弁デラックス(464円)。店内の仕上がりイメージを見る限り、普通ののり弁との違いは焼きシャケが入っているかどうか、だと思う。

磯辺揚げ
コロッケのおいしさもさることながら、この磯辺揚げがいい。数年ぶりに食べたこの青野海苔風味のちくわが実においしい。お醤油かけるとご飯と合う合う。

シャケ
シャケもホテルの朝食バイキングで出てくるようなぱさぱさのものではなくて、やわらかくジューシー。塩気もちょうど。

ご飯
そして安定のご飯のうまさ。素晴らしい。

豚汁
お昼時はサービスで豚汁も付いてくる。沈んでいるので見えないが、具材もごろっとしていておいしい。

安くてうまい、お店でこの量を食べたらいくら位だろう…。弁当とは素晴らしい。

次の日もいく

一度はまると抜け出せない。次の日も訪問。

から揚げ弁当
からあげ弁当(518円)。これは一番はまった。

からあげ
注文してから揚げてくれるこのからあげ。衣がすごくおいしい。

お肉はいわゆる普通の鶏肉だが、この衣の味付けとジューシーな感じでご飯が止まらん。

からあげの個数
あんまりぎっしり入っているので数えてみたら、7個入っていた。なんちゅー518円。すごい。

少々見た目は悪くなるが、からあげのおいしい食べ方を知っている。

マヨネーズをかける
それはマヨネーズをかけるということ。

からあげマヨネーズ
うっまぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーーーーーー!!!!!

完食
完食。

焼き肉弁当ふたたび
そして焼き肉弁当も再び購入。これは夜食べる。

まだ続く

普通ならここらでまとめとなるが、実はまた行ってきた。

牡蠣フライ弁当
牡蠣フライ弁当。値段をメモってくるのを忘れた。500円くらいだったと思う。

牡蠣フライ
こちらも注文してから揚げてくれたのでさくっとしていた。

今回は食べるまでに時間をおいてしまったのでちょっとしっとり。

タルタルソース
さらっとしたタルタルソースが良く合う。

醤油とタルタルソース
僕はフライにも醤油派。タルタルと醤油のハーモニー、うまし。

かえで弁当
こちらはかえで弁当(810円)。どの辺がかえでか分からないが、恐らく店内のメニューにてもっとも高価なお弁当だ。

煮物
そしてハイライトはこの煮物。ご飯に合うようちょうどよい味付け。

天ぷら
フライ以外に天ぷらも入っている。ボリュームがすごい。

それぞれ単品でも注文できる

ラインナップがたくさんあって、しかもそれぞれのお総菜は単品でも注文できる。

焼き肉とからあげが一緒にはいった焼きから弁当なるものを注文している人もいた。

無限の可能性か。

弁当と聞くと最近はよだれが出る。お店は年中無休らしい。

ここまでくると頭が下がる。さて、明日は何の弁当にしようか。楽しみだ。



ABOUTこの記事をかいた人

のじ さとし

企画、ライティング、撮影、サイトの保守管理をひとりぼっちでこなす編集長。仕事だけではなく、私生活もひとりぼっちです。最近言われた怖い言葉は“天涯孤独の最後”です。