東京駅の新幹線ホームには、結構うまいそば屋がある

現在の住まいは神奈川県ながら、広告制作業という仕事柄都内へ赴くことが多い。

そうなると、1日に神奈川・東京と打ち合わせや取材が重なることもたびたびある。

あまり予定が詰まった日だと、在来線に乗っている間に「トイレに行きたいけれど、取材先に間に合わなくなるからこの電車を降りられない…。ああ…、神よ!」なんてときがある。

なにせ、乗車時間がゆうに1時間を超えるのだ。

また、移動に時間をかけられれないことが多いので、新幹線などでスパッと移動する必要も出てくる。

そんなわちゃわちゃした日は、立ち食いそばで食事をすませることが多い。

もともとそば好きであることもあり、都内の立ち食いそば屋のうち、有名どころは結構制覇している。

大分通ってきたな、なんて思っていたら、新幹線ホームにも立ち食いそば屋があることを知った。

ちょうど腹も空いたので、行ってみることにした。

東京グル麺に行く

東京グル麺
こちらです。東京グル麺という店舗名だと思うんですが、ハッキリとした表記が見当たらず。

18・19番線ホーム上にある。他ホームにはこういう場所がない。

他路線や駅でもホーム上の飲食店は減少傾向にあるので、ちょっとうれしい。

券売機
最近はいわゆるスタンドそばでは券売機が主流です。

店内で注文する場合はキャッシュオンか、注文と同時にお金を払うシステムがほとんどなので注意。

イチオシメニュー
イチオシメニューはこちら。

紹介情報
有名らしい。

カツ煮そば
さっそく注文。

これね、うまいんですよ。

カツ煮の甘辛い味と、そばのツユとがあいまって、独特のうまみがある。

そばは冷凍のものなので、コシを残しているのも特徴的。

カツ
調理もパパッと行われるので、注文から配膳まではそんなに時間のかかる訳ではない。

が、1つ注意。

熱い!!

カツ煮が熱々でのせられるので、普通のかけそばよりも断然熱い!

カツも結構厚めなので、なかなか冷めない。そのため、乗車する新幹線があと10分で出発。

なんてタイミングで注文すると「あちあち」言いながら一生懸命すすることになってしまうので、少し時間に余裕のあるときの注文をオススメします。

ごはんと頼むとカツ丼にもなる、となんかで読みました。

東京駅から新幹線に乗るときは、是非どうぞ。



ABOUTこの記事をかいた人

のじ さとし

企画、ライティング、撮影、サイトの保守管理をひとりぼっちでこなす編集長。仕事だけではなく、私生活もひとりぼっちです。最近言われた怖い言葉は“天涯孤独の最後”です。