大船の大衆焼肉ジンギスカンはおいしいのに安すぎて心配になる

大衆焼き肉ジンギスカン
大船にたびたび飲みに行く中でも、ぶっちぎりにリーズナブルかつオススメできるお店があります。

それが、大衆焼肉 ジンギスカン。

時間と日取りによってはかなり並ぶこともありますが、並んでも食べる価値がある!

ちなみに、店内はお店の人やお客さんが画角に入った撮影をすることは禁止。

お肉とかはOKらしい。

さて、このお店は1店目にちょうどよく、この日も17時ごろに訪問。

そもそも、そんなに長居できる感じでもなく、そういう飲み方は無粋。

カウンター席には1人客のお客さんも多いので、かなり入りやすい。

さあ、ビールとお肉を注文して、

さっそくお肉がきました。5種類のお肉とホルモン。

食べる前に見ていただきたい。

メニュー
このメニューを。300円…とか、250円とか…。

どうなっているんだ…。と、思うくらい安い。

ちなみに、量が少ないとかいうオチはありません。

おまけにうまいのなんのって。大船近辺に焼肉屋さんが少ないのは、ここがあるせいではないかと思う。

タレ

タレは入店すると、なにやら調理場で調合が行われてから出されます。

店内はカウンターとテーブル席3つほどで、調理場はカウンターの向こうなので、作業しているのも見られるんですが、何を調合しているかは不明。

さっぱりしているけれどコクがあり、さらっとした口当たり。これだけ買って帰りたいけど、その場で調味料を合わせるということは、おそらく作り置きしてもこの味は出ないんだろう。

うーん、気になる。

と、思っていたんですが、お肉を口に運ぶたびにいろいろなことがどうでもよくなっていきます。

ジンギスカン
ヒツジの臭みが一切ないのに、コクのある脂とお肉のやわらかみが抜群なジンギスカンとか、

ホルモン
こりこり食感に、かめばかむほどうまい脂があふれるホルモンとか、

お肉
もはやなんだか忘れたけどおいしいお肉、など。

ハツ
食感のよいものはみな一様にシャキっとしていて、やわらかみのあるものはみな一様に歯触りよく、香りは、肉の焼けるあの独特のうまい匂い。

うめえ。ビールもウーロンハイもがぶがぶいってしまう。

本当にこの金額で大丈夫なのかと、いつも思う。

キムチ
そして、このキムチも。まあーうまい。

辛みよりも白菜のうまみが強くて、酸味、塩味、辛みがちょうどよい案配。

それで200円という破格。どうなっているんだ…。

キムチを食べる
こいつを、

ご飯
こいつで、

ご飯とキムチを食べる

こうしちゃう!

ご飯と焼肉
ほんとおいしいよ、このお店。

あんまり長居はできないんですが、お腹の空いている日の一軒目にぴったり。

大船には好きなお店がたくさんあるので、ものすごく頻繁に通う訳ではないんですが、行くたびにやっぱりここうめえな、と思えるお店。

大船にお立ち寄りの際は、是非。



ABOUTこの記事をかいた人

のじ さとし

企画、ライティング、撮影、サイトの保守管理をひとりぼっちでこなす編集長。仕事だけではなく、私生活もひとりぼっちです。最近言われた怖い言葉は“天涯孤独の最後”です。