御殿場の名鉄菜館は、シックな中華を楽しめるお店

御殿場といえば、広い静岡県の中でも比較的神奈川県寄り。

その昔はゴルフ場が活況としていて、そこに来る高所得者層向けの飲食店も多数ありました。

なかでもバラライカというロシア料理屋は特にお気に入りで、おいしい食事の締めくくりを、うまいロシアンティーで終えるというのはひそかな楽しみだったんですが…。

長引くデフレ景気によりゴルフの会員権を持つ人も減り、当時のお店はなくなってしまうものも多かった。

バラライカも、そのうちの1店。

それでも、今も人気のあるお店がある。それが、名鉄菜館。

名鉄菜館到着

名鉄菜館
こちらが名鉄菜館。非常に大きなお店。

建物
2階部分が客席で、奥まで続いている。

エントランス
立派なエントランス。

客席
個室、という訳ではありませんが、仕切りである程度分けられています。

この日も満席に近いほど人がいましたが、ほとんど見えません。

こういうお店、好きなんです。

中華を食べる

さて、さっそく注文。

名鉄菜館は本格的な本場の中華料理、というのと、いわゆるクラシックな日本人向けの中華料理を提供してくれます。

どっちもうまいんすよ。

特に、コース料理はかなりお得。が、今回は一緒に行ったひともじの工作ライターMr.Iがアラカルトで食べたい、とのことなので好きなように注文を。

牛肉のオイスターソース炒め
牛肉のオイスターソース炒め。

牛肉を食べる
うめえ。こってりして見えるのに、野菜は食感よく絶妙な火の通り加減。

オイスターソースの香りがいい。米とスープ欲しくなる。

麻婆豆腐
麻婆豆腐。

麻婆を食べる
花山椒の香りと、うまみの強い辛み、そしてこれはニンニクの芽かな? やわらかな豆腐に加えて食感もいい。

ポットサービス
お茶もポットサービス。

お茶
車でなければお酒だったんですが…。でも、お茶もおいしい!

海鮮おこげ
こちらは五目入りおこげ料理。つまり、海鮮おこげ。

おこげの調理
目の前で仕上げ。この音ジュージュー、カリカリする音、最高!

おこげを食べる
食べてもやっぱり最高。こりゃ、一品だ。

焼きそば
豚肉細切り焼きそば。揚げ麺と炒め麺が選べる。今回は炒め麺。

炒め麺
こう、日本の家庭食、焼きそばとはちがうだよな。これ。

麺に焼きがきっちり入って、少し食感が固くなったところと、やわらかくうまい麺。そしてあんかけを吸いこんで、焼きの入った部分がねっとりとしたうまみを持つ。

うめえ。あんかけの焼きそばはこうでなくちゃって部分が全部入っている。

こういう焼きそばは、ありそうでなかなかない。

担担麺
そして担担麺。

麺
こちらもまた麺がうまい。

スープ
ゴマっ! て感じの濃厚な担担麺。

こちらで締め。

お店の雰囲気を含めて、こういった中華料理屋さんはほとんどなくなった。

僕は、こういうお店が好きだ。時間をかけて食べに行こう、と思えるお店は貴重だ。



ABOUTこの記事をかいた人

のじ さとし

企画、ライティング、撮影、サイトの保守管理をひとりぼっちでこなす編集長。仕事だけではなく、私生活もひとりぼっちです。最近言われた怖い言葉は“天涯孤独の最後”です。