桜柄のハギレ生地を無駄なく着物リメイク

こんにちは、着物リメイクの安藤貴美子です。

最初の予定通り、先日作った桜柄のハギレ生地で作る2着目です。

余り生地はこんな感じです。どんなデザインにいたしましょう⋯?!

着物リメイク

いろいろ悩んだ結果、本体の無地の生地も余り布を活用してツートンにすることにしました。

前回作った物より個性的なデザインに仕上げたいと思います。

着物リメイク

前中心から二分し左右に桜柄を入れることにしました。間に紺色のラインを入れるか⋯、入れないか⋯、太さは??

着物リメイク

悩んだ結果、こんなバランスに決めました。中心にあった紺のラインを細くしました。微妙な変化ですが、これが印象を分ける重要な箇所。いかがでしょう?

着物リメイク

残った生地はこれだけですが、後ろ身頃にも利用したいと思います。

着物リメイク

少ない生地でも印象深くなるよう、後ろ身頃には、アップリケ風にアクセントを付けてみました。

着物リメイク

最終的に残った生地です!

さすがにもう使い道はないかなぁ⋯と思いますが、何となく捨てがたい感じです…。

今回は、ハギレ生地を無駄なく活用できました。着物の絵師も以前の持ち主の方も喜んでくれると嬉しいです。

そして、生まれ変わったTシャツを気に入っていただき、大切に着て下さる方がいらしたら⋯もっと嬉しいです!

着物リメイク

出来上がりはこんな感じです! 今回は袖丈を短くスッキリしました!

着物リメイク

後ろ身頃は生成りの生地一色にワンポイント、無地よりも面白いと思ったけれど⋯可愛すぎ?



ABOUTこの記事をかいた人

安藤 貴美子

多摩美術大学染織科を卒業後、1970年代後半から日本のテキスタイルデザイナーとしてパリのオートクチュールにも採用された松井忠郎の四季ファブリックハウス、刺青プリントTシャツで話題になった坂井直樹が帰国後に設立したウォータースタジオなどで腕をみがく。その後、仲間と共にデザイン事務所 スタジオ'K3を立ち上げファッションからインテリア、日常のファブリックにいたるまで幅広くデザインにたずさわる。出産を機にフリーに。以降しばらくの間デザインの世界を離れ、フルオーダーの洋服制作を行うかたわら、母の死をきっかけに着物の価値を再認識。着物リメイク作家としての活動を始める。