男性物の肌襦袢を着物リメイクするための準備

男性物の肌襦袢のリメイクシリーズ。


先日、日暮里の繊維街に行った時に着物リサイクル店で見つけた不思議な和服。何だか分かりますか?

素材は肌触りよいシルク生地。インパクトある総柄で、今まで見たことない感じ。

店員さんに「これってシルク生地ですよね?」って聞いてみた。シルクはシルクなんだけれど…、なんと昔の男性の肌襦袢だって!

昔の粋な男性は着物の裾とか裏地とか洒落ていたのは知っていたけれど。

肌襦袢までこんなに凝っていたなんて! 何故だか身頃と袖の柄が全然違くておもしろい。身頃には龍が乗った宝船、袖は龍の幾何学柄。印象的な本当に凝った一枚です!

2,300円也。

男性の肌襦袢ってことで 随分迷ったんだけど、やっぱりこの柄は捨てがたい。面白い物が作れそう。

いろんなアイデアが浮んできて、そんな創造力に勝てず、知らない男性の肌襦袢なんてどうなの? と思いつつ購入してしまったのだ。

2,300円が安いのか高いのか分からないけれど、印象的な一品。和服の世界も奥が深いね!

着物リメイク
こんな感じ!

着物リメイク
裾は紫の無地。これは粗めの木綿生地。

着物リメイク
背中部分はこんな感じ! けっこう賑やか! 洋服みたいに柄合わせとかはしないのね?

着物リメイク
龍の宝船。背景は波と夜空の星かしら? けっこう眼が鋭い!

着物リメイク
菱型に並ぶ幾何学柄。お洒落なデザイン!

襦袢にコラボする生地もいっしょに日暮里で探してきた。

着物リメイク
色が合ってる濃紺の無地、同じ素材のシルク、しかもセールになってたから思わず買ってきたけれど。

気になるのは撥水加工ってこと。何に使うための生地かな? レインコート? それにしては薄手だし、撥水加工って書いてなければわからないけれど。

レインコートじゃない洋服にするのに問題はあるのかな?

とりあえず、次回からこの男性用肌襦袢を使っての製作に入る予定。どんな洋服に変身するか、お楽しみに!



ABOUTこの記事をかいた人

安藤 貴美子

多摩美術大学染織科を卒業後、1970年代後半から日本のテキスタイルデザイナーとしてパリのオートクチュールにも採用された松井忠郎の四季ファブリックハウス、刺青プリントTシャツで話題になった坂井直樹が帰国後に設立したウォータースタジオなどで腕をみがく。その後、仲間と共にデザイン事務所 スタジオ'K3を立ち上げファッションからインテリア、日常のファブリックにいたるまで幅広くデザインにたずさわる。出産を機にフリーに。以降しばらくの間デザインの世界を離れ、フルオーダーの洋服制作を行うかたわら、母の死をきっかけに着物の価値を再認識。着物リメイク作家としての活動を始める。