この前の連載の余り布でもう一枚!

先日、リメイクした生地。

片方の袖だけを接着芯で補強した菱形の龍の柄。余り布でもう一枚

着物リメイク
パターンを変えて作ってみました!

今度は本来の縦生地のまま、横長の菱形の龍のストライプ!

余っていた生地の長さいっぱいを着丈に。前回よりも短めになりました!

着物リメイク
前に作ったものは後ろは無地にしたけれど…

着物リメイク

今度は後ろにも龍のストライプ!

着物リメイク
同じ型紙でもデザインによって、こんなに違う! だから、アレコレ考えるのが楽しいんだよね!

着物リメイク
テーブルの上の写真だと平すぎて雰囲気出ないので、ハンガーに吊るしてみました!

並べると柄の違いがよく分かるでしょ!

着物リメイク
<番外編>
袖口や裾に使った4本糸の巻きロックのお試し布です!

糸調子を見るため、いつもこんな感じで何回か試してみるのです!



ABOUTこの記事をかいた人

安藤 貴美子

多摩美術大学染織科を卒業後、1970年代後半から日本のテキスタイルデザイナーとしてパリのオートクチュールにも採用された松井忠郎の四季ファブリックハウス、刺青プリントTシャツで話題になった坂井直樹が帰国後に設立したウォータースタジオなどで腕をみがく。その後、仲間と共にデザイン事務所 スタジオ'K3を立ち上げファッションからインテリア、日常のファブリックにいたるまで幅広くデザインにたずさわる。出産を機にフリーに。以降しばらくの間デザインの世界を離れ、フルオーダーの洋服制作を行うかたわら、母の死をきっかけに着物の価値を再認識。着物リメイク作家としての活動を始める。