ハギレ記事を着物リメイクTシャツに その2

こんにちは! 着物リメイクの安藤です。

先日、7月の着物リメイクTシャツ販売会のために購入したハギレ生地。

着物リメイク Tシャツ

こんなTシャツになりました!

生地にも地模様があり可愛い差し色が印象的な着物生地です。

きっと春先に向けてのお洒落な訪問着だったのでしょうね。

花器のつもりでしょうか? 王冠みたいなデザインが新しい感じで花柄を引き締めています。

洋服に変わってもこのレースみたいな線描きの部分が黒のジャージ生地とマッチします。

衿ぐりは着物生地の地色と同じ、生成りのバイヤステープで見た目もオシャレになるようにしました。

まだタグができていないので未完成品です。

着物リメイク Tシャツ

前身頃から後ろ身頃へ緩いカーブを付けて⋯

後ろ身頃を少し長めにした、優しい 甘い感じのTシャツです!

着物リメイク Tシャツ

同じ生地ですが⋯実は部分的に刺繍で柄ができている部分が一箇所ありました。

そこだけをピンポイントで活かし、ポケットにしてみました。

こちらに合わせたのはダークグレーのジャージ生地。

衿ぐりはグリーンのバイヤステープでアクセントをつけてみました

着ると見えない部分ですけどね!

ポケットはワンポイントではあるんですが、デザインの要素が少なくなる分、文様などの印象がより強くなります。

着物生地にぴったりの形かもしれませんね。

ABOUTこの記事をかいた人

安藤 貴美子

多摩美術大学染織科を卒業後、1970年代後半から日本のテキスタイルデザイナーとしてパリのオートクチュールにも採用された松井忠郎の四季ファブリックハウス、刺青プリントTシャツで話題になった坂井直樹が帰国後に設立したウォータースタジオなどで腕をみがく。その後、仲間と共にデザイン事務所 スタジオ'K3を立ち上げファッションからインテリア、日常のファブリックにいたるまで幅広くデザインにたずさわる。出産を機にフリーに。以降しばらくの間デザインの世界を離れ、フルオーダーの洋服制作を行うかたわら、母の死をきっかけに着物の価値を再認識。着物リメイク作家としての活動を始める。