熊本のむつ五郎は馬刺しもおいしいけれど魚介の刺身も抜群にうまい

熊本 刺身 むつ五郎

熊本まで来たら、やっぱり馬刺しを食べなければ帰れない。

さて、どのお店にしようか、と悩みつつ途中読みふけったガイドブックがオススメのお店へ。
熊本 馬刺し むつ五郎
やってきました、熊本市街にある、むつ五郎さんに。

こちらは馬刺しが有名なお店。

しかし、かなり並んでる…。ちなみにほかに並んでいる人が話しているのを聞いたところ予約は3名以上から、らしい。

うーん…、並ぶ!

熊本 馬刺し むつ五郎
30分経過。わずかばかり近づく。

熊本 馬刺し むつ五郎
40分経過。ちょっとだけ店内を垣間見る。

そしてご案内。50分くらいかな。開店時間すぐだったから、なかなか帰る人がいなくて…。

あー、お腹すいた。

とりあえずビールを注文して一息。さてさて、お料理を。

ひともじ ぐるぐる
まずはこちら。ひともじのぐるぐる。ひともじというわけぎの一種。熊本のほうでは昔からよくたべられるもの。
実はね、熊本にはこれを食べにきたんですよ。

今は「人と文字」というサイト名(※編集部注 モジカル前身メディア)ですが、設立当初は「ひともじ」という名前だったんです。だから、一度食べてみたいなと昔から思っていて。

いやー、夢が叶ったなあ。

こうやって熊本まで旅をして、食べたいものが食べられるようになってよかった。サイトができた当時はいろいろなものに初期投資をしなくてはいけなくて、お金も信用も仕事も全然なくて。

ここまで、結構大変だったな−、こういういいお店でこんな風に思えるというのはいいことだな−、なんてちょっとホロリ。

ひともじのぐるぐる
そして一口。

うっまい! シャキッとした歯触りなんだけどキュッとした食感があって、ゆで加減も絶妙だ。

また酢味噌がうまい。

ビールを流しこむのにちょうどいい。

さあ、次は馬刺しいってみよう!

熊本 馬刺し むつ五郎
やってきたのは馬レバー刺しと馬根刺し。後者は大動脈だそう。この画像だと白飛びして見にくいので…

熊本 馬刺し むつ五郎
アップで一枚。女将さんがこれはなかなか食べられないよ、と一言。

お醤油はとっぷりとしたもので。さすが熊本。

熊本 馬刺し むつ五郎
まずはレバーを。ぱくり。

ん…? なん…だ…これ…。

う…、うまい、うますぎる…。

コリっとしていながらやわらかで、馬肉独特のクセが少なすぎず多すぎず、甘めの醤油が…。

いままで食べた馬の中で一番うまいぞ…。

熊本 馬刺し むつ五郎
馬根も…ショウガとニンニクを添えて…、いく…。

あっーーー!! コリっコリ!

そしてうまみが強い。なんじゃこりゃ!

こんなもん食べてみないと味が分からないぞ!

熊本 馬刺し むつ五郎
そして馬刺しとコーネ刺し(たてがみ)。

熊本 馬刺し むつ五郎
どう見てもうまそうな霜降り具合。

熊本 馬刺し むつ五郎
コーネ刺しはむっちりとしていて、またうまい。

馬刺しの方はうますぎて画像を撮り忘れる。

もう、なにも言えない…。うまい…。

熊本 馬刺し むつ五郎
焼酎お湯割り。こちらは熊本の一本槍。何となく九州は芋焼酎のイメージだったんですが、麦。

スッキリしていて、かつ香りが柔らか。馬肉の風味を邪魔しない。

熊本 馬刺し むつ五郎
馬肉メンチ。

熊本 馬刺し むつ五郎
ナイフ入れるとジュワーッ。

熊本 馬刺し むつ五郎
使いたくない表現だけどあえて言わせていただきます。

絶対うまい。

熊本 馬刺し むつ五郎
やっぱりおいしい! 馬肉の香りと油物のジューシーさ。そして食感。

熊本 馬刺し むつ五郎
今度は馬のハツとタン。これもまたうまかった!

刺身にいく

ここまで馬肉を堪能したんですが、お品書きには海産物もずらり。

九州の方のお刺身というのは初めて食べるな。

熊本 刺身 むつ五郎
刺し盛り。パッと見、わりとひととおりのラインナップ。

なんだけど、シマアジの皮目はこれでもかというほどキレイに残っているし、それぞれのネタも絶妙な厚さの違い、そしてあしらいからなにまで丁寧。

これは…、まさか…、

熊本 刺身 むつ五郎
シマアジから、いただきます…。

かっ! うまい! ネタの脂ノリもさることながらこの舌触り、磯の風味、相当包丁の使える方が捌かれている。

同じネタを用意しても、ほかの人ではこうはならないぞ。

熊本 刺身 むつ五郎
アオリイカの隠し包丁…。なんてこまやかな仕事だ…。

うっすら醤油の筋になっているところはすべて隠し包丁です。

これがむっちりとしたアオリイカの食感をより複雑なものに変えつつ、素材を活かしている。

馬刺しもさることながら、これはうまい。

ここ数年で食べた造りの中でも抜群にうまい。

熊本 刺身 むつ五郎
あしらいも丁寧。

ガイドブックや口込みサイトなんかでは、なにかと馬肉料理がフューチャーされがちなんですが、お刺身も抜群にいいです。

熊本 刺身 むつ五郎
おもわずアオリイカを追加。

この流れる川のような包丁。都内でもマジで高いお店ではないとお目にかかれないぞ。

むつ五郎は、馬刺しも刺身もうまい。



ABOUTこの記事をかいた人

のじ さとし

企画、ライティング、撮影、サイトの保守管理をひとりぼっちでこなす編集長。仕事だけではなく、私生活もひとりぼっちです。最近言われた怖い言葉は“天涯孤独の最後”です。