Bachのトランペットを使用するプレーヤーに聞くメリット・デメリット

Bach トランペット 評価

数あるトランペットのブランドの中で最もメジャーなブランドといえばBachかヤマハでしょう。

僕自身どちらのトランペットも使っていたことがあり、特にBachは最も長く使ったトランペットです(現在メインで使用しているのはシルキーですが)。

今回はそのBachのトランペットについて書いてみたいと思います。

ちなみにBachですが、「バック」と読みます。

バッチとかバッチェじゃありません。少しトランペット経験のある方であれば、ほぼ知らない方はいないでしょうが、念のため…。

Bachの歴史

Bachといえばアメリカで作られているトランペットですが、その創業者ヴィンセント・シュローテンバッハはウィーン出身のトランペット奏者でした。

主にクラシックの分野で活躍するうちに、いいマウスピースを自らの手で作ろうということになり、1918年にニューヨークにて製造を開始します。

このとき彼の作るマウスピースは当時のトランペット用マウスピースの相場からすると非常に高価なものでしたが、高い評価を得たとのことです。

1924年にはBachのフラッグシップモデルであるトランペット、Stradivariusが開発され、さまざまな改良が加えられながらも現在も同じ名前のトランペットが製造されています。

また近年ではStradivarius以外にもエントリーモデルから復刻モデル、数量限定モデルまで様々なラインナップが販売されています。

日本だと吹奏楽部に入った学生がちょっといい楽器をということで、BachのStradivarius 180MLという最も有名なモデルを買ってもらうことが多いのではないでしょうか。

Bachといえばビンテージも

生産数も多く歴史の長いBachですから、ビンテージ楽器も比較的多く存在します。

主に製造された工場の地名によって区分され、シリアルナンバーを見てどこで製造されたのか判断されます。

正直言って僕はあまり詳しくはないのですが、マウントバーノン、アーリーエルクハート、セミアーリー、エルクハートなどと区分されていて(他にもまだあったような気が……)、古くて状態の良いものにはかなりの値段がつく傾向にあります。

一度マウントバーノンの個体を試奏したことがありますが、現行のものよりも薄く軽く作られており、なんとも味のある良い音色を奏でてくれたのを覚えています。

ちなみに僕が使っていたBachはセミアーリーに分類されるもので(諸説あるようですが)、80年代後半のものです。

Bachの魅力

さまざまな時代、ジャンルにおいて活躍してきたブランドですが、少なくとも僕自身長く使った感想として、なんといっても重厚できらびやかな音色が魅力だと思っています。

逆に明るめの音色や吹奏感を求めるのならヤマハやシルキーという感じ(モデルにもよりますが)。

また明確なBachらしさを持ちつつも、演奏者の幅広い要求に応える懐の広さも魅力で、長年にわたって多くのジャンルで用いられてきた理由は、そういった部分にあるのかもしれません。

僕自身、今現在はシルキーを使っていますが、たまにBachを引っ張り出して吹くとこれはこれでいいなあと思ってしまいます。

 

そういえばBachは吹奏感が重いから初心者には向かないと言っている方もいたりしますが、個人的にはあまり考慮する必要はないと思っています。

少しダークで重厚な響きが好きな方は必ず選択肢に入れておくべきトランペットでしょう。

一方デメリットは……

一部では現行品はヤマハ化してるとかいう声も聞かれますが、正直大きなデメリットはあまり思いつきません。

もっともポピュラーなモデル、Stradivariusの3rdスライドのストッパーはもうちょい長くても良いとは思いますが。

強いて言うならば近年多数のモデルが追加され、一部のものは何を目指してるのか分からず中途半端に思えるものもあります。

決してダメな楽器ではないんですが、特にずば抜けて良い面があるわけでもなし、それわざわざBachでやる必要あった? ってな感じ。

Bachを愛用したトランペットプレイヤー

こちらをご覧いただければ分かるかと思いますが、非常に多くのトランペットプレイヤーがBachのトランペットを愛用してきました。

有名どころだと若かりし頃のウィントン・マルサリスやロイ・ハーグローブなどの名前が挙がります。

デイヴ・ダグラスなんかは25年以上Bach Stradivariusを使用していると書いてありますし、ニコラス・ペイトンはマウントバーノン時代のものを使用しているようです。

 

ちなみに僕自身で言うと、高校生の頃からヤマハYTR-8335Gを使ってきましたが、アメリカ留学前くらいの時期にもう少し暗くギラっと光るような音色が欲しいなと思って中古のBach Stradivariusを購入しました。

それからかなり長いこと使ってきて、3年ほど前にたまたま安く出ていたシルキーB5を買ってみたらなかなか良かったので今に至るという感じです。

 

というわけで今回はトランペットの超有名メーカー、bachについてフォーカスしてみました。

最近のbachに関しては否定的な意見を持つ方も少なくありませんが、それでも状態の良い個体は素晴らしいと感じます。

もしかしたら昔が良すぎたのかもしれませんね……。

 

ヤマハに関しては以前自身のブログで書いたことがあるので参考にどうぞ。

ヤマハのトランペットってどうなの?

 



ABOUTこの記事をかいた人

金村 盡志(かねむら つくし)

1986年生まれ。中学生から吹奏楽を通してトランペットの演奏を始め、高校生からジャズに目覚める。その後、原朋直氏(tp)に約4年間師事し、2010年からニューヨークのThe New Schoolに設立されたThe New School for Jazz and Contemporary Music部門に留学。Jimmy Owens(tp)氏などの指導を受け帰国し、関東近郊を中心に音楽活動を開始。金村盡志トランペット教室でのレッスンを行いながら、精力的に活動を続けている。